見やすいプレゼン資料を作るコツ!フォントと約物のルール

見やすいプレゼン資料を作るコツ!フォントと約物のルール

普段何気なく目にしているポスターやチラシなど、皆さんは特に何も思うことなく読み流しているかもしれません。

しかし、そこには見る人により伝わりやすいよう細かい配慮がされているのです。

今回は資料やデザインをより美しくするルールを一部まとめましたので見ていきましょう。

欧文と和文が混ざる文章ではフォントの組み合わせを大事にする

和文と欧文が混ざる文章では、フォントの組み合わせが重要になります。

フォントの相性が悪いと可読性が損なわれ、スムーズに読むことが出来なくなるので注意しましょう。

基本は英数字には欧文フォントを使う

英数字の混ざる文章では、日本語には和文フォントを使い、英数字には欧文フォントを使うのが基本になります。

英数字に和文フォントを使ってしまうと、文字間や単語間に隙間ができたり不自然に見えるので気をつけましょう。

しかし、和文フォントの中には英数字と比較的相性が良いものもいくつかあるので、覚えておくと便利かもしれません。

上二つはMSゴシックとMS明朝。下二つはメイリオと游明朝。

和文フォントだけで完結したい場合は下のようなフォントを使うと良いです。

フォントを整える

和文と欧文のフォントを組み合わせる際、違和感を感じさせないことが大事です。

ゴシック体にはサンセリフ体を、明朝体にはセリフ体を合わせると違和感がありません。

フォントの雰囲気を合わせる

文字の太さを合わせる

和文と欧文のフォントの太さを揃えるようにしましょう。

どちらかが極端に太かったり細かったりすると、読みにくくなってしまいます。

大きさを合わせる

欧文フォントは和文フォントより小さく見えるものが多いです。

なので、字面の大きい欧文フォントを使うか、フォントのサイズを調整して和文フォントと同じくらいにしましょう。

数字を強調する

より一目で伝わりやすいものを作るとき、数字は大事な役割を持っています。

ポスターなどを作る際も数字が大きいと認識しやすいです。

例のように、数字を入れる際は単位を小さくするとより強調されて見やすくきれいになります。

手元にチラシやポスターがあるなら手にとって見てみましょう。きっと数字が強調されて作られていると思います。

 

合字を使ってみる

欧文を使っていると、文字間が狭すぎたりぶつかったりしてしまうことがあります。

小さい文章だと気になりませんが、大きい見出しなどに使う場合は合字を使うことでよりスマートに見えます。

約物の使い方を覚えよう

約物とは?

「!」「?」等の記号や、日本語の句読点やカギ括弧などは約物と呼ばれます。

主に欧文などに用いられる半角(1バイト文字)と、和文に用いられる全角(2バイト)のものに分類されます。

日本語には全角約物を使おう

日本語の文章を書く場合、約物は和文フォントの全角のものを使用するのが基本です。

欧文フォントの半角約物は、欧文用に作られているため日本語より下がって見えます。

なので日本語の文章に混ぜて使ってしまうと、文章のラインがデコボコになってしまって可読性が下がってしまいます。日本語の文章には欧文の半角約物は混ぜないようにしましょう。

また、和文の全角約物を使用した時に括弧の前後に余白ができる場合があります。余白が目立つようならカーニング(字間の調整)をして調整してあげましょう。

欧文の約物は小文字用に作られている

欧文フォントの約物半角は、欧文の小文字サイズに合わせて作られています。

なので、大文字や数字に約物半角を使用すると約物が文字より下がって見えます。

ベースラインを整えよう

Wordやillustratorなどはベースラインを調整できる機能がついていますので、調整してラインを整えましょう。

細かい作業になりますが、完成した時の見栄えが違ってきます。

見栄えを考える

約物は文章をすっきりさせたい時などに効果的ですが見栄えが良くない場合があります。

読む資料などではあまり気にする必要はありませんが、ポスターなど見栄えを大事にしたい時は約物を使わないアプローチも考えてみましょう。

上の例のように、スペースや縦線で分けてあげたり、約物が無くてもわかりやすくシンプルで美しく仕上げることもできます。

まとめ

  • 英数字には欧文フォントを使う
  • フォントの雰囲気を合わせる
  • 和文と欧文の太さや大きさを合わせる
  • 数字を強調する
  • 半角と全角の約物に注意する
  • ベースラインをそろえる
  • 約物を使わずにシンプルに作ってみる

以上が英数字や約物を扱うときのまとめとなります。

ベースラインをそろえたり、文字の雰囲気をそろえたりと細かいところになってきますが、より美しく仕上げることができますので意識してみましょう。

またポスターやチラシが手元にある場合、どんな見やすい工夫がされているか自分で見つけてみるのもデザイン上達の助けになるのでおすすめです。

デザインカテゴリの最新記事