資料作りやポスターのデザインに活かせる、レイアウトの5つの法則を知ろう!

資料作りやポスターのデザインに活かせる、レイアウトの5つの法則を知ろう!

こんにちは、あひるです(。・ө・。)

今回はレイアウトの考え方についてまとめました。
資料はもちろん、自分でチラシやポスター、名刺など作ってみたいなぁと思っている人は必見です。
ポイントを押さえて、美しいデザインを自分で作ってみましょう!(/・ө・)/

レイアウトの目的と5つの法則

過去に文章の書き方や文字の種類などの記事を書きましたが、きれいなレイアウトに沿って作っていかないと結局は見づらくなってしまいます。
必要な情報と不要な情報を分けたり、大事な情報に強弱をつけたりして、情報の構造や情報同士の関係を明確にすることでより情報が伝わりやすくなります。
レイアウトとはこのように情報を整理することを意味します。

5つの法則

  1. 余白をとる
  2. 揃える
  3. グループ化する
  4. 強弱をつける
  5. 繰り返す

主にこの5つがレイアウトをする上でのポイントとなります。
難しそうですが、逆を言えばこのポイントを押さえて作ることで、初心者の方でもきれいなデザインが作ることができますよ!^^

1.余白を十分にとる

どんな資料でも紙面の端いっぱいまで文字や図などを配置しないようにしましょう。
また、文章とオブジェクトを配置するときも必ずくっつかないように、余白をとるようにしましょう。
スライドであれば、外側の上下左右に1文字分の余白は設けたほうがいいです。

2.揃えて配置する

文字や画像の要素を配置するときはラインをそろえて配置しましょう。
実際に配置するまえに、要素をそろえるためのガイドラインを引いてから作業をすると楽になります。

3.グループ化する

全ての要素の間隔が一定だったり、バラバラだったりすると非常に読みにくくなります。
同じ情報を持つ要素同士をまとめて近づけて、違う情報の要素は余白を設けて区切ってあげましょう。

4.強弱をつける

要素に強弱がないと、見る側はどこに目を向けていいのかわからなくなってしまいます。
重要な部分とそうでない部分に強弱をつけて、直感的にわかるようにしてあげましょう。

強弱をつける方法

  • 文字や要素を太くする
  • 色を変える
  • 背景や囲みをつける

などがあります。
アンダーラインを引く方法もありますが、あまり目立たないうえに可読性を下げてしまいます。
最初は上のような基本から始めてみて、慣れてきたらネットなどでカッコいい見出しのつけ方などを探してみるのをおすすめします。

優先順位を考える

強弱をつけるということは、大事にしたい情報とそうでない情報を分ける必要があります。
優先順位に応じて強弱をつけて、情報に階層をつけてあげましょう。
ただし、階層を分けすぎて文字の太さなどがバラバラになりすぎると読みにくくなるので、よく考えて階層を分ける必要があります。

5.繰り返す

スライドなどでページをめくるたびにまとめ方がバラバラでは、毎回見る側が情報を整理しなおして見なければいけないので、疲れてしまいます。
全てのページのタイトルの色やサイズ、余白のとり方などをパターン化して統一感を出してあげましょう。

統一感をだすために守るべきルール

  • 上下左右の余白を同じにする
  • タイトルのつけ方を統一する
  • 使う色の種類を同じにする
  • 使うフォントの種類を同じにする
  • フォントサイズを同じにする

などがあります。

全てのページにこのようなルールを設けることで、統一感が生まれます。
文字が入らないからと言って安易に余白を削ったり、フォントサイズを変えないようにしましょう。
決められたルールを守り、言い回しを工夫するなど文章の量を削ったりすることが大切です。

まとめ

以上がレイアウトの基本となる5つの法則となります。
これらをしっかり守ってレイアウトをおこなえば、初心者の方でもきれいなデザインをつくることができますので、ぜひ取り入れてみてください!

デザインカテゴリの最新記事