プレゼン資料をきれいに作るコツ!デザインの基本(英語フォント)

プレゼン資料をきれいに作るコツ!デザインの基本(英語フォント)

欧文の書体の種類とフォントの使い方

 

和文フォントと同じで、欧文にも様々な書体やフォントがあり、適切に使うことでよりキレイに伝わりやすくデザインできます。

タイポグラフィーなど欧文をキレイに見せる技術はデザイン上達の一歩ですので、まずは基本である書体やフォントについて勉強してみましょう。

欧文の書体の種類

和文の書体に明朝体やゴシック体などがあるように、欧文にも様々な書体があります。

セリフ体とは、線の端にセリフと呼ばれる装飾が付いている書体で、可読性が高く和文の明朝体などと相性が良いです。

サンセリフ体はセリフがない書体で、視認性が高くゴシック体と相性が良い書体です。

欧文の基本はセリフ体とサンセリフ体

和文の基本が明朝体とゴシック体のように、欧文の基本がセリフ体とサンセリフ体となります。

セリフ体は可読性が高いので、長文で読ませる書類などに適しています。

サンセリフ体は視認性が高いので、プレゼンのスライドなど見せる資料などに適してます。

また、可読性や視認性に関しては文字の太さで変わってきますので、それぞれ適した場面で調整しましょう。

美しい欧文フォント

欧文フォントにも美しいフォントとそうでないフォントがあるので、なるべく美しいフォントを使用しましょう。

美しいフォントについて

美しい欧文フォント例

  • Segoe UI
  • Times New Roman
  • Calibri
  • Minion Pro
  • Helvetica Neue
  • Adobe Garamond Pro

上記以外にも探してみましょう。

疑似斜体と疑似ボールドに気をつけよう

和文は斜体には対応していませんが、欧文には使用できます。

しかし、全てのフォントが対応しているわけではありませんので注意しましょう。

斜体に対応していないフォントを斜体にすることを「疑似斜体」といいます。

斜体に対応しているフォントは、斜体にしたときに「a」「e」「n」などの文字が変わったりします。

また、和文と同じく太字にする際には疑似ボールドにならないように注意しましょう。

疑似ボールドとは?

欧文には和文フォントは使用しないようにしよう

日本語で入力していて、そのまま半角入力などで欧文を書いてしまうと和文フォントのまま欧文を書いてしまいます。

和文フォントは欧文を組むためには作られていないので、可読性が下がり読みにくくなったり、見た目が汚くなったりします。

欧文を書く際には、必ず欧文フォントを使用しましょう。

(上が和文フォント、下が欧文フォント)

欧文にはプロポーショナルフォントを使おう

上に書いたように、欧文には欧文フォントを使用するのは基本です。

しかし、どんな欧文フォントを使用しても読みやすいとは限りません。

中には文字間が均等になっている等幅フォントがあり、文字間が不自然に空いて見えるものがあります。

なので文字間が適切に調整されている「プロポーショナルフォント」を使用しましょう。(多くの欧文フォントはプロポーショナルフォントです。)

まとめ

  • 欧文のメイン書体は「セリフ体」と「サンセリフ体」
  • 長文にはセリフ体、見出しやスライドにはサンセリフ体
  • 美しい欧文フォントを使う
  • 疑似斜体と疑似ボールドに気をつける
  • 欧文には和文フォントは使用しない
  • プロポーショナルフォントを使う

以上が欧文の書体の種類とフォントの特徴となります。

欧文はグラフィックデザインにおいて切り離せないものです。

適切に使い分けて、より伝わりやすいデザインを目指しましょう。

 

デザインカテゴリの最新記事