プレゼン資料をきれいに作るコツ!デザインの基本(日本語フォント)

プレゼン資料をきれいに作るコツ!デザインの基本(日本語フォント)

大学生や社会人になるとプレゼンや書類を作る機会がありますよね。

きれいな書類を作成したいけど、どうしたらいいのかわらない。

そんな方も多いと思います。

今回はグラフィックデザインの基本、書体とフォントについてまとめました。

独学で勉強している初心者やノンデザイナーの方は、まず文字の種類や選び方から身につけていきましょう。

書体の特徴を知ろう

明朝体や筆書体は伝統的で高級感をもたせる印象があり、ゴシック体やポップ体はカジュアルな印象を持たせることができます。

和文の書体選びの基本は、明朝体かゴシック体から

筆書体やポップ体は個性が強い書体ですので、資料を作成したり発表をするときなどは明朝体やゴシック体を使用するのが基本になります。

明朝体の特徴

  • 可読性が高い(文章が読みやすい)
  • 目が疲れにくい
  • 長文に適しているので、文字が多くなる書類などに向いている
  • 読みやすいが、目立ちにくい

ゴシック体の特徴

  • 視認性が高い(文字が目立ちやすい)
  • 目立つので、短文や見出しに適している
  • プレゼン用のスライドなどにも相性が良い
  • よく目立つが、目が疲れやすい

以上の特徴を理解し、場面に合わせて使いわけましょう。

個性的な書体はビジネスの場では不向き

個性的なフォントは可読性がよくないので、理由がない限り個性的なフォントを多用しない方がいいです。

基本的には上で紹介したようなシンプルな書体にしましょう。

文字の太さを意識しよう

同じフォントでも太さによって可読性が大きく変わります。

文字が細くなると可読性が高くなるので、ゴシック体などでも長文に使用できるようになります。

逆に、文字が太くなると可読性が低くなるので、明朝体などでも長文に使用するのは避けたほうがいいです。

文字が太くなると視認性が高くなるので、見出しや目立たせたい部分に使うと効果的ですね。

美しいフォントを使おう

書体の特徴を知ったことで、場面に合わせたフォント使いができるようになりました。

次のステップではより美しいフォントを使ってみましょう。

クリアタイプのフォントを使おう

クリアタイプフォントとは、アンチエイリアス処理(ギザギザな線を滑らかに見せる処理)で美しく見えるフォントです。

スライドなどでは、クリアタイプのフォントを使うことで目が疲れにくく読みやすくなります。

MSゴシックなどはクリアタイプのフォントではないので、スライドなどで使う場合は注意しましょう。

クリアタイプのフォント例
  • メイリオ(windows)
  • 游ゴシック(windows・Mac)
  • ヒラギノ角ゴ(Mac)
  • 游明朝(windows・Mac)
  • ヒラギノ明朝(Mac)

他にも自分で美しいフォントを探してみましょう。

判読性の高いフォントを使おう

判読性の高いフォントを使用することで、誤読の可能性を減らすことができます。

判読性が高いフォントとは、字面が大きく、フトコロが広いフォントのことです。

同じフォントサイズでも、MSゴシック(左)に比べて、メイリオ(右)のほうが判読性が高いフォントになります。

太字と斜体の使い方について

疑似ボールドに注意しよう

文字を目立たせたいときに太字(ボールド)は効果的です。

しかし、太字に対応していない文字を太字にしてしまうと可読性や視認性などが低下して汚くなってしまうので注意が必要です。

太字に対応していない文字を太字にすることを、「疑似ボールド」といいます。

疑似ボールドに注意するフォント例

  • MSゴシック
  • MS明朝
  • HG創英角
  • ゴシックUB
  • Century(英文フォント)

これらのフォントは太字にしないようにしましょう。

太字に対応したフォント例

  • メイリオ
  • ヒラギノ角ゴ
  • 游ゴシック
  • 游明朝
  • 小塚ゴシック

太字を使用したいときは、太字に対応したフォントを使うのが大切です。

以上のフォントは太字に対応していますが、Bボタン(ボールドボタン)で太字にしてしまうと、疑似ボールドになる場合があります。

フォントの太さを変えたいときはフォント一覧から手動で変更するようにしましょう。

和文は斜体にしてはいけない

和文のフォントは全て斜体には対応していません。

なので斜体は欧文フォントのみに使用しましょう。(欧文フォント全てが斜体に対応しているわけではないので注意。)

※欧文フォントについてはコチラ

まとめ

  • 明朝体は長文に最適
  • ゴシック体は見出しやタイトルに最適
  • クリアタイプのフォントを使う
  • 判読性が高いフォントで誤読を減らす
  • ボールド対応のフォントを使う
  • ボールドボタンは使わず、手動で変更する
  • 和文は斜体にしない

簡単にまとめると以上が書体やフォントの特徴と選び方になります。

場面ごとに使いわけることで、相手に伝わりやすいものを作ることができます。

効果的に活用できるように初心者やノンデザイナーの方は頭にいれておきましょう。

 

 

デザインカテゴリの最新記事