【Identity V】第五人格 初心者におすすめなサバイバー

【Identity V】第五人格 初心者におすすめなサバイバー

おはこんばんにちは、にけやです(=ↀωↀ=)✧

今日は前回記事にした鬼ごっこ系対戦ホラーゲーム。

『IdentityⅤ (第五人格)』に登場するキャラクターの特徴とスキル。特に始めたばかりでどのキャラ使えばいいのかわからない、そんな方に初心者にオススメなサバイバーを紹介しようと思います。

キャラクターにはそれぞれメリットとデメリットそして特徴的な固有スキルが存在します。

味方のサバイバーがどのキャラクターを選択したのかそれぞれの役割を理解して味方と協力し脱出を試みましょう。

初心者におすすめなサバイバー

「庭師」

 

庭師は以下のような特徴を持っています。

  • 工具箱を携帯し、ロケットチェアを破壊できる。
  • 自分の暗号解読が調整発生時の判定範囲が50%↑調整発生確率が50%↓全員の判定範囲5%↑ 発生確率5%↓
  • 自分がロケットチェアに拘束されたときの耐久時間が10%↑

庭師の立ち回り

庭師の最大の特徴は、ロケットチェアを破壊できることです。

ハンターはマップ上に点在するロケットチェアにサバイバーを拘束することでサバイバーを脱落させることができるのでそれを破壊すれば拘束されにくくなりゲームを非常に有利に進めることができます。

しかし、相手のハンターも「異常」というスキルによりロケットチェアを修理されてしまうので効果は薄いですが、それらのスキルを持っていない場合はロケットチェアを探しに大移動しないと行けなくなったり大幅な時間稼ぎができるので非常に強力です。

基本的には他のサバイバーと同様、暗号機の解読をしつつ道中のロケットチェアをついでに破壊していく程度で良いと思います。

「医師」

医師は以下のような特徴を持っています。

  • 医療器具を携帯し、自身を治療できる。
  • 味方を治療する速度が60%↑鎮静剤での自己治癒速度が20%↑全員の治療速度が5%↑
  • 板や窓の操作速度が15%↓

医師の立ち回り

医師の最大の特徴は、治療に特化しているのでサバイバーの生存率を上げることができます。

味方の位置とダメージ状況を把握し、負傷した味方を治療してあげましょう。

特に強力なのは自身を回復できるスキルで、ハンターの攻撃を一撃くらったとしても逃げ切ってさえしまえば自己回復でき脅威の生存能力をもっているのでプレイスキルのある医師はハンターにとって非常にいやらしいサバイバーの一人です。

弁護士

 

弁護士は以下のような特徴を持っています。

  • 地図を携帯し、味方の位置、建築物と未解読の暗号機、脱出ゲートの位置を調べることができる。
  • サバイバー全員のロケットチェア耐久が5%↑付近8m以内の味方の解読・治療・破壊行動の速度が10%↑
  • 板や窓の操作速度が15%↓

弁護士の立ち回り

弁護士の最大の特徴は、地図を携帯しているので暗号機や仲間の位置など全体を把握しやすいため地理感覚のない初心者にはオススメのサバイバーです。

また近くにいる味方の解読・治療・破壊行動速度を上げることができるので味方と合流し暗号解析を進めていくのがいいでしょう。

味方のロケットチェア耐久も上がるので、一人で立ち回るよりも味方と協力しながら脱出を目指すサバイバーといえるでしょう。

まとめ

今回は初心者にオススメのサバイバーを独断と偏見で選んでみました。

私は歩行音痴なのでこのゲーム内でも暗号機の場所がわからなくなったり脱出ゲートが開いてもどこかわからなくなったりと未だによく迷子になります(;^ω^)

始めたばかりの頃はもっとわからなかったので最近、始めたばかりの初心者の方は

「何をすればいいの?」

「暗号解読すればいいの?」

「味方が捕まってる!自分が助けにいけばいいの?」

などなど立ち回りがわからない方も多いと思います。

今回、初心者おすすめサバイバーとして3キャラを紹介しましたが特に私のおすすめは「弁護士」です。

私が方向音痴ということもありますが初心者はまず弁護士を使ってマップの形状や暗号機の場所などを覚えるのがいいと思います。

また弁護士の携帯している地図は味方の位置まで表示してくれるので合流もしやすいですし、さらに上級者になると地図に表示される味方の動きで今ハンターに追われているなどの情報を得ることもでき立ち回りが分かりやすくなると思います。

いろいろと書きましたがこの記事が初心者の方に少しでも役に立てればうれしいです。

ではまた(=ↀωↀ=)ノシ

 

サバイバーの関連記事はこちら

サバイバーの個別記事はこちら

ゲームカテゴリの最新記事