【Identity V】第五人格 ハンターのおすすめスキル(天賦)

【Identity V】第五人格 ハンターのおすすめスキル(天賦)

おはこんばんにちは、にけやです(=ↀωↀ=)✧

今日は鬼ごっこ系対戦ホラーゲーム。

『IdentityⅤ (第五人格)』ハンターの人格(天賦)おすすめを紹介したいと思います。

人格はサバイバー、ハンターにそれぞれあり様々なスキル(天賦)が存在します。

ハンターのおすすめスキル(天賦)

天賦とはいわゆるスキルのことでサバイバーとハンターにそれぞれ存在し、人格レベルを上げることで手に入るポイントを使用し人格(天賦)を解放することで様々な恩恵を得ることができます。

また解放した天賦は何度でもリセットしてポイントを振りなおせるので自分の使用するキャラや立ち回りにあったスキルに振っていきましょう。

ハンターの天賦は大きく分けて上下左右4つの方向性があり様々な特性を得ることができます。

  • 狡猾(←)
  • 屈強(↑)
  • 鋭敏(→)
  • 威嚇(↓)

狡猾のおすすめ天賦

狡猾は、サバイバーの解読・治療・破壊行動の速度を低下させたりとサバイバーを妨害できる天賦です。

  • 傲慢 サバイバーはゲーム開始後しばらくの間、一定時間存在感を獲得する。存在感の獲得は一段スキルをアンンロックしたあとに停止する。
  • 獲物を追う サバイバーを10秒追跡し続けると、移動速度が10%上昇する。追撃失敗または板・窓の操作、攻撃をする・攻撃を受けることによって、移動速度の上昇分は消失する。

屈強のおすすすめ天賦

屈強は、板を破壊する速度を上昇させたり自身の攻撃回復速度を上昇させたりできるチェイスよりの天賦です。

  • 閉鎖空間 ハンターが窓枠を乗り越えた時、この窓枠は20秒間封鎖され、その間はハンターもサバイバーもこの窓枠を乗り越えることができない。
  • 破壊欲  木の板を破壊する速度が最大40%上昇する。
  • 災厄の一撃 サバイバーがチェアに拘束され、且ハンターから18メートル以上離れているとき、ハンターの攻撃は最大20%の確立で災厄の一撃になり、威嚇値が2倍になる。
  •  凶暴  サバイバーがロケットチェアに拘束されている時、自身の攻撃回復速度が最大25%上昇する。
  •  抑制  警戒範囲が15%減少する。

鋭敏のおすすめ天賦

鋭敏は、一定条件でサバイバーの位置を表示したりサバイバーの足跡が消えるのを遅らせたりできる追跡よりの天賦です。

  •  狂犬  サバイバーの足跡が消えるのを最大2秒遅らせる。
  • アナウンス 脱出ゲートが開くと、追加でサバイバーを5秒間表示する。
  • フクロウ 警戒範囲内で、サバイバーの解読・治療・破壊・調整の成功範囲を30%低下する。
  • 指名手配 サバイバーがチェアに拘束され、他の3人が健康或いは負傷状態であると、ランダムで1人のサバイバーの輪郭を表示する。サバイバーが救出されると、表示されたサバイバーの輪郭は25秒間後に消える。

威嚇のおすすめ天賦

威嚇は、一定条件でサバイバーを一撃でダウンさせたり攻撃回復速度を上昇させたりできる攻めよりの天賦です。

  • 引き留める 脱出ゲートが開くと一撃必殺状態になり、攻撃が命中すればサバイバーは必ずダウンする。この状態は120秒間持続する。
  •  慣性  攻撃回復速度が10%上昇する。
  •  愚者  サバイバーがロケットチェアに拘束されている時、自身の移動速度が最大5%上昇する。

まとめ

今回はハンターのおすすめ人格(天賦)を紹介してみました。

私は「レオ」と「リッパー」をよく使うのですがどのハンターであっても威嚇の「引き留める」鋭敏の「アナウンス」は絶対に取っています。

理由はこの2つを取っておけば脱出ゲートを開放されても最低1人は高確率でダウンまで持っていけるからです。

例えば脱出ゲート開放までにサバイバーを1人しか脱落させていなかったとしてもこの2つの天賦でもう1人捕まえてしまえば引き分けに、さらにもう1人捕まえることができれば勝利まで見えてくるのです。

それって強くないですか?

参考程度に、この2つの天賦を採用してからの私の戦績はこんな感じです。

ランダムマッチですがこの構成にしてからはほぼ負けなしで素早く脱出ゲートを開かれても「引き留める」の一撃必殺で1、2人は簡単にダウンをとれる感じでした。

サバイバーの天賦と同様にハンターの天賦もいつでもリセットできるのであなたに合ったあなたのプレイスタイルを探してみてください!

ではまた(=ↀωↀ=)ノシ

 

ハンターの関連記事はこちら

ハンターの個別記事はこちら

ゲームカテゴリの最新記事