【Identity V】第五人格 サバイバー『弁護士』のスキル(天賦)と立ち回りのコツ

【Identity V】第五人格 サバイバー『弁護士』のスキル(天賦)と立ち回りのコツ

おはこんばんにちは、にけやです(=ↀωↀ=)✧

今日は鬼ごっこ系対戦ホラーゲーム。

『IdentityⅤ (第五人格)』のサバイバー『弁護士』の特徴と立ち回りを紹介したいと思います。

サバイバー『弁護士/フレディ・ライリー』のスキル(天賦)と立ち回りのコツ

『弁護士と医師は同期の参加者だ。彼の記録によると、参加者は日記の執筆を義務づけられている。となれば戸棚いっぱいの日記、それは被害者の数を意味するようだ。日記で読める包帯男に関する記述が弁護士の最後の記録だった--彼らが失踪したとすれば、誰がこれらすべての日記にここに集めたんだ?』

弁護士の外在特質

  • 深謀遠慮 常に地図を携帯している。地図を使うことで、大型建築物と未解読の暗号機、脱出ゲートの位置を調べることができる。平常状態は自分と仲間の方向を示し、ハンターが輪郭を見せた時にはその位置が表記される。地図使用時に消費しなくなる。
  • 蠱惑 全員がロケットチェアにおける耐久時間が5%増加する。同時に、彼の付近8メートル以内のサバイバーが励まされ、解読、治療、破壊行動の速度が10%上昇する。
  • 中産階級 板・窓の操作速度が15%低下する。
  • 荘園旧友 ゲーム熟練者が参加する場合、初心者に比べ、攻撃を受けたあと鋭敏さが加わる。毎回攻撃を受けるたびに獲得する加速時間の伸びは2秒である。

弁護士の特徴

弁護士の最大の特徴は、地図を使って味方や暗号機の位置を常に把握することが可能で自身は緑色に表示され青色が味方のサバイバーです、アンテナのマークが暗号機の場所を示しています。

味方が捕まった場合は地図上のアイコンが変化するので味方の状態やどこにハンターがいるかわかりやすくマップ全体の状況を把握しやすいキャラクターなので、マップを覚えきれていない初心者にもおすすめのサバイバーです。

また外在特質「蠱惑」により他サバイバーと協力するのが得意なため味方をサポートするのが好きなプレイヤー向けのキャラクターです。

味方と一緒に暗号解読しよう

弁護士は、外在特質「蠱惑」により自身の近くにいる味方サバイバーの解読・治療・破壊行動速度が上昇するため、できるだけ味方と合流して暗号解読を進めましょう。

また地図により暗号機の位置がわかるので、他のサバイバーを先導して暗号機に導いてあげるといいでしょう。

さらに天賦「ホーソン効果」「羊の群れ」を取得していれば味方と協力することでとんでもない速さで暗号解読を進めることができます。

逃げるのは苦手

外在特質「中産階級」持ちのためチェイスは苦手なサバイバーです。天賦「膝蓋腱反射」「割れ窓理論」を取得しておけば多少、逃げ切りやすくなりますがそれでも進んでチェイスをするキャラクターではないので基本的にみつからないよう心がけましょう。

弁護士のおすすめ人格(天賦)

  • 割れ窓理論 窓を乗り越えたあと、ダッシュすると移動速度が50%上昇する。持続時間は3秒で、クールタイムは40秒。
  • 雲の中で散歩 残った足跡の持続時間が1/1.5/2秒減少する。
  • ホーソン効果 他のサバイバー仲間が5メートル以内にいる時、仲間1人につき、プレイヤー自身の解読・治療・破壊行動の速度が3%/3.5%/4%上昇する
  • 羊の群れ  他のサバイバーが5メートル以内にいる時、範囲内の仲間の解読・治療・破壊行動の速度が3%/5%/7%上昇する。

まとめ

今回はサバイバー「弁護士」を紹介してみました。

このキャラは私がゲームを始めたばかりの頃よく使っていて、マップが全くわからない状態でも地図のおかげで味方や暗号機の位置を把握できるので初心者におすすめのサバイバーだと感じました。

味方と合流し暗号解読を進めるのが基本的な立ち回りなので特に難しい操作もありません。

また上級者の弁護士は、まず地図をみて試合後半になると解読しにくい暗号機から優先的に暗号解読する立ち回りもできます。

このゲームは協力して脱出を目指すのが目的なのでサポートスキルを多く持つ弁護士はチームの力となってくれるでしょう。

では今回はこのあたりで(=ↀωↀ=)ノシ

 

サバイバーの関連記事はこちら

サバイバーの個別記事はこちら

ゲームカテゴリの最新記事