未来のミライ、福岡の試写会に申し込んだよ☆

未来のミライ、福岡の試写会に申し込んだよ☆

こんにちは、あひるです(。・ө・。)

皆さん細田守監督の最新作「未来のミライ」はもうご存知ですか?

僕は少しでも早く観たいなと思い試写会に申し込みましたよ!(当選したことありませんが・・・)


締め切りが6月22日だったのでぎりぎりでしたw

ちなみに細田守監督とは「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などを手がけている監督です。
上記の作品は夏アニメとして何回か金曜ロードショーなどで放送されているので、ご存知のかたも多いと思います。

ちなみに7/20に上映開始で合わせて「時をかける少女」も金曜ローで放送ですので要チェックや!(スラダン感)

時をかける少女の記事はコチラ

それでは今回はいったいどんな映画なのかみていきましょう!(/・ө・)/

未来のミライはこんな作品

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、
不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
父の面影を宿す青年との出会い。

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。
果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは? 
“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

未来のミライ公式より

 

というわけで、今回は「くんちゃん」という男の子が主人公みたいです。
ミライちゃんが未来からきているのは時かけっぽいし、くんちゃんが成長していくのはバケモノの子っぽくもあり、過去の細田作品の要素が入っていますね!

 

監督もその部分は意識しているようです。

Q 「未来のミライ」と今回の2作品との共通点については?
今回放送される2作品と「未来のミライ」とは、青空の質感も近いし、ミライちゃんが、真琴(「時をかける少女」主役)みたいにも思えるし、くんちゃん(「未来のミライ」の主役の少年)が九太(「バケモノの子」の主役)みたいになるかもしれないです。実は、そうした共通項もあり、その辺もお楽しみいただければと思います。

 

過去の作品も家族愛や絆など、人とのつながりをテーマにした作品でしたが、今回もおそらく家族愛でしょう。

山下達郎さんがED曲を歌っていて、サマーウォーズを思い出しますね。
もうあの曲を聴くたびに夏を連想させられますので、今回の曲も期待してしまいます!

ふと思ったのですが、これ家族構成をクレヨンしんちゃんにしても面白いかもしれませんねw
未来からきたひまわり的な・・・結構しっくりくるかもw

ってことでまた感動させられそうですので、僕は一人で映画を観に行くことしますw

アニメ・漫画カテゴリの最新記事